--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bるへるみなの考える萌え要素~ツンデレ編~

2007年10月08日 20:54

今回の話題は
kaname10092.jpeg
「ツンデレって何?」であります

*ちなみに上の画像は私の最初のお気に入りツンデレ・千鳥かなめwww


Bるへるみな=かるめるの考えるツンデレ論

*この記事はWikipedia他、様々な文献を参考にしております

1.萌え要素の重要性
現代のアニメ、ゲームなどの2次元メディアにおいて重要なファクターとされている"萌え"

これはキャラクターに対する擬似的な恋愛感情や愛着、もしくはフェティシズムのことを指す事が多い

その"萌え"の種類を表したのが"萌え属性"と呼ばれるものである
萌え属性にはたくさんの種類が存在し、主にキャラの性格、身体的特徴、服装などに対して定義される

例えば身体的特徴だけでも外見年齢や髪型、顔や目、種族など多種多様な属性が存在する

年齢・・・ 少女(幼女)、少年、熟女、親父、実は高齢だが外見は少女etc・・・
種族・・・宇宙人、未来人、アンドロイド、人形etc・・・
髪型・・・ツインテール、ポニーテール、ストレート、三つ編み、ボブカット、アホ毛etc・・・
顔・・・泣きぼくろ、オッドアイ、ツリ目etc・・・
身体・・・巨乳、つるぺた、長身、小柄etc・・・


性格的な属性もかなり存在し

勝気、生意気、気弱、クール、ドジっ娘、天然、能天気、癒し系、素直、ぶりっ子、不思議ちゃん、ツンデレ、ヤンデレ、短気、S、M
etc・・・

一部を挙げてだけでもこれである

一般的に所持する属性が多ければそれに応じて人気も出るが
逆に多すぎてそのキャラのアイデンティティが無くなってしまうこともあるので一概に多いほうがいいとは言えない

どちらかというと各々の萌え属性のクオリティの方が重要視される場合もある

また、複数属性を保有している場合、属性の"掛け合わせ"というものも考慮する必要がある
つまり、属性同士の相性が良いかどうかである

属性同士の相性如何で相乗効果を生み出したり、逆に相殺してしまうこともある

例を挙げると
最近では「ツンデレ」+「ロリ」の掛け合わせが人気属性の一つで「ロリツンデレ」と称されることがある

「ロリ」の少女的可愛さと「ツンデレ」の子供的性格が見事にマッチした例といえる

その代表選手として挙げられるのは
shana1008.jpeg
シャナ@灼眼のシャナ
nagi1008.jpeg
三千院ナギ@ハヤテのごとく!
ruizu1008.jpeg
ルイズ@ゼロの使い魔

これらのキャラは全てCVが釘宮理恵で
「ツンデレ」「ロリ」「つるぺた」「絶対領域」などの強力な属性持ちである

言ってしまえばキャラが被っているわけだが、それぞれの作品内でかなりの人気を誇っている
というのは結局、この属性が統計的に(オタク的な)大衆の評価を得ているからだと考えられる


このように萌え属性はキャラの特徴付ける重要なファクターなのである
今回はこの中で近年最も人気の高い属性「ツンデレ」について考えてみる


2.ツンデレとは
ツンデレの元々の定義は
はじめの頃はそっけない態度で主人公に対してツンツンしている状態から、一緒に時間を過ごしていくうちにだんだんと主人公に心を許していく心境の時間過程のこと
を指しており、直接人の性格を示すものではなかった

しかし、近年の「ツンデレ」の定義としては
普段はそっけなくてツンツンしているが、ある特定の条件化の下で心を許すという"条件付の性格"を表すことが多くなった

ツンデレを好む多くの人は「ツン」と「デレ」のギャップが良いという

心理学的にもギャップは重要で、人の心に多大な影響をもたらす
一般的に人は同じ作業などをしていると馴化して物事に飽きる
そこに別の刺激を加えることで(これを脱馴化という)作業へのモチベーションが復活する

もう少し砕いて言うと、「仕事あるいは勉強をする際には気分転換が必要だということ」である

このように"ギャップに萌える"というのは馴化-脱馴化のプロセスで刺激を得て、その娘への愛着が増すという結果をもたらす


「ツンデレ」とは、ある意味人の心に不可欠な要素を持ち合わせた実に巧妙な属性と言える


以上がツンデレの大きな枠組みなのだが、恐るべきことにツンデレというものは奥が深い

一言に「ツンデレ」と言っても様々な種類のものが存在し、そのバリエーションのほとんどは「ツン」にある

A.素直になれない型
このタイプは主に幼馴染、姉、妹キャラに多く見られる最もスタンダードなツンデレである

例)らき☆すたの柊かがみ
  なのはStSのティアナ
  第二期のシャナ、ルイズ
  ハヤテのごとく!のナギ
  フルメタのかなめ

B.主人公嫌悪型
これは主人公のことを何らかの理由で嫌っているタイプで、主に初対面キャラに多く見られる
しかもその嫌っている理由は誤解や事故によるものが多く、時間が経つにつれて少しずつ心を許すようになりAタイプに移行する事も少なくない

例)第一期のシャナ、ルイズ
  ローゼンメイデンの翠星石
  スクランの沢近愛理
  舞HIMEの鴇羽舞衣

C.高飛車型
要するに態度がでかい
家がお金持ちだったり、権力を持っている令嬢によく見られる

例)ゼロの使い魔のルイズ
  ハヤテのごとく!のナギ
  涼宮ハルヒのハルヒ

以上がツンの主な3つのタイプであるが、はっきりとした分類ではなく二つ以上のタイプを併せ持つ場合もしばしば見られる

そんなツンデレの一番の武器は
shana1009.jpeg
ruizu1009.jpeg
kagamin1009.jpeg
照れ顔ではないでしょうか



3.クーデレって?
さらに最近では"クーデレ"と呼ばれるキャラが陽の目を浴びるようになってきた

クーデレの定義は
普段はおとなしくクールで、ある条件下でのみデレに移行する様子
である

これに属するキャラクターの多くは無口で表情変化がほとんど無い
感情が表に出ない要因として、1.感情自体が欠落している(綾波レイ、長門有希など) 2.感情を制する精神力が備わっている(川添珠姫、アリス=キャロルなど) と二つのパターンが主流


それが故にあまり目立たず、ツンデレの影の存在になることが多い
しかし、1990年代中盤に新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイがブレイクして注目され始めた
2000年前後で一旦人気は停滞したが、2006年の涼宮ハルヒの憂鬱の長門有希により再びブレイクした

ツンデレがマイナスからプラスへの変化と考えるならば
クーデレはゼロからプラスへの変化であり、プロセス自体はツンデレと構造が似ている

しかし、ギャップという面ではツンデレに比べて極めて小さく、一見ツンデレに劣るように思える

それにもかかわらず、近年になってクーデレはツンデレに匹敵する程にその人気度を高めている

先に出した綾波レイと長門有希を見てみる
普段はおとなしく、感情を表に出さない娘が物語の重要な役割を果たしているというところが一つのポイントとなる
基本的にこの種類のキャラは物語の中枢に入れにくく、キャラを立たせることが困難である
そこをレイは戦場で、有希は閉鎖空間という舞台で類まれな能力を発揮させることでギャップを生み、クーデレ自体のギャップの弱さを補完したことが成功した一つの要因であろう

そういった観点で見てみると近年のクーデレには特化した能力を持っているキャラが多いことに気づく

長門有希→情報操作をはじめ、万能
川澄舞→剣術
川添珠姫→剣道
アリス・キャロル→プリマ飛び級
岩崎みなみ→スポーツ万能
塚本八雲→とにかく万能
ホシノ・ルリ→電子の妖精

そしてツンデレの強力武器である"照れ顔"に対して
nagaton1009.jpeg
minamin1009.jpeg
tamaki109.jpeg
ruri1009.jpeg
クーデレには"澄まし顔"という武器が存在する

私はこれで落ちた

ちなみにクーデレとツンデレは被っていることがたまにあり、その線引きは微妙なものとなっている



おまけ:ヴィルヘルミナの属性
will100519.jpeg
最後にヴィルヘルミナの属性について考える

ヴィルヘルミナ=カルメル
属性:クーデレ、メイド、天然、特殊語尾
デレ対象:シャナ

ヴィルヘルミナは一般的な分類では「クーデレ」に属すると考えられる
クーデレタイプとしては"感情を制する精神力が備わっている"タイプであるが、シャナに対しては感情を抑えきれないことがある
私の知る中で最も葛藤に苦しんでいるクーデレである

種族としてはフレイムヘイズであるが、元は人間でどこかのお姫様だったようだ
外見は二十歳前後だが、実際は何年生きているのだろうかw

一見クールで少し天然のメイドさんだが、紅世の徒と戦うときには戦技無双の舞踏姫と呼ばれるほどの強さを発揮する
このギャップがまずすばらしい

そして生活面でも洗濯、掃除や電子機器の扱い、そして土木工事に至るまで万能なヴィルヘルミナなのだが料理だけは出来ないというこれまたギャップwww
得意料理はサラダと湯豆腐とかwww
これがシャナの壊滅的な料理下手の原因であるw

ヴィルヘルミナと出会ってからはや2年・・・
私の中でこのキャラに勝てるもの無し!




にほんブログ村 アニメブログへクリックしていただけるとモチベーションが上がるのであります
全力でクリック!
勉強になったwwwという人はクリック!









コメント

  1. B | URL | IrtbeKVU

    >>トラウマさん
    >いや~、感激しました。。。
    お役に立てて光栄であります!

  2. トラウマ | URL | -

    詳しくありがとうござます(^^ゞ

    いや~、感激しました。。。
    感謝します。。。



    用事があり、見るのが遅くなってしまいました。。。すいません><

  3. | URL | IrtbeKVU

    >>ヘンジガナイさん

    問1
    A.存在しない
    理由:定義に反するため

  4. ヘンジガナイ | URL | MvSKUjhA

    デレツンがトラウマです。

    問1.デレツンであるキャラクターの名前を述べよ。
       また、その理由も明記せよ。
       ただし、デレは、はじめの頃はそっけない態度で主人公に対してツン
       ツンしている状態、デレは一緒に時間を過ごしていくうちにだんだん
       と主人公に心を許していく心境とする。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billhelmina.blog72.fc2.com/tb.php/413-ed9d2069
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。